暇なくらいなら自分から電気ショックを喰らいにいくのが人間だという研究結果

暇を持て余すくらいなら自分から電気ショックをくらいにいくのが人間だという研究(R)があります。2014年のバージニア大学とハーバード大学の教導研究ですね。

なにかするVS妄想する

大学生を対象に、研究室の中で6〜15分、自分を楽しませる妄想を被験者にさせ、楽しかったかどうかを聞いたところ、49.3%の人が「楽しくなかった」と答えたそうです。(やらなくてもわかりそうだけど…)

今度は、「研究室で緊張してたから楽しめなかったんだろ!自分の部屋ならきっとだいじょうぶ!」と、自宅で同じ実験をしてみました。

結果、32%の人は妄想を止めてなにか別のことを始めてしまったそうです。さらに、「楽しかった」と答えた人は研究室でやった時よりも少なくなり、参加者自身も、研究室よりも自宅にほうが妄想にふけることがより難しいと答えています。

ちなみに、妄想を楽しむことを難しく感じるのは大学生だけでなく、18歳〜77歳の被験者を選んでも結果は同じでした。(年齢の中央値=48.0歳)

この結果から

妄想<なにかする

という結果が見えてきました。みんな暇は嫌なんです。

妄想するVS電気ショック

今度はより非人道的な実験です。

まず被験者に「魅力的な写真」を見せた「正の刺激」(性の刺激だったような気もしますが…)と、「電気ショック」による「負の刺激」を体感して、快適さを評価してもらいます。(エロ写真と電気ショックって、この時点でかなりヤバいですよね…)

その後、先程の実験のように、妄想に浸ってもらいますが、被験者は自分の意志で電気ショックを受けることができます。(ボタンを押すと電気が流れる…といったところでしょうか?)

結果、男性で67%、女性で25%の人が、少なくとも一回、自分で希望して電気ショックを受けました。(男性はなにか別の刺激が目覚めてしまった人もいるような気が……)

つまり、暇なくらいなら不快でもいいからなにか刺激が欲しいというデータですね。

暇<電気ショック

まとめ:人間はこんなに暇が嫌い

・妄想をしても楽しくない人が全体の半分くらいいる

・自分の部屋のほうが妄想はしにくい

・特に男性は、暇なくらいなら電気ショックを受けたいと思う

暇を埋めてあげることがいかにビジネスチャンスになるかを証明する結果ですね。

いつもありがとうございます!

一言で伝えちゃう!
「顧客獲得」の要点、大公開。


〜 「作戦会議室 for Biz」無料参加権 〜

 

年間500名の事業者を集める主催者が、
事業者・起業家・フリーランスに必要な情報を、
秘密、裏話を……無駄なくお届け。
 

【フォローしていただいた方限定】
今だけ、もれなく!
「作戦会議室 for Biz」に
1回無料で参加できます!!
( 通常10,000円 )
 

「作戦会議室 for Bia」主催者のTwitterを
 今フォローしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社Key-Performance取締役。声がデカい。社会的な声のデカさ(影響力)が実際の声よりも小さいのに納得がいかないので起業化支援しながら影響力向上中。「起業の作戦会議」が出来る起業家最強のイベント「起業茶屋」を開催中!