これからFacebookで企業ページを作ろうとしてる人。悪いコトは言わないから個人のアカウントの強化に努めよう。

どうもこんにちは。Facebookでのマーケティングで多大なる恩恵を受けている起業茶屋の主催者、イハタです。

 

最近のお気に入りの画像。センターで偉そうなのが僕。

 

うちはFacebookを有効活用して上手く集客が出来ましたが、それは僕らの「個人ページ」との連携があってこそです。

 

そして新規でFacebookで起業ページを作ろうとしているそこのあなた。悪いコトはいいません。おとなしく個人ページでの発信を強化していきましょう。

 

Facebookが「企業ページの表示率下げるよ」って公式に発表

 

そもそも事の発端はFacebookのCEO、マーク・ザッカーバーグのこの投稿でした。

One of our big focus areas for 2018 is making sure the time we all spend on Facebook is time well spent.

We built Facebook to help people stay connected and bring us closer together with the people that matter to us. That’s why we’ve always put friends and family at the core of the experience. Research shows that strengthening our relationships improves our well-being and happiness.

But recently we’ve gotten feedback from our community that public content — posts from businesses, brands and media — is crowding out the personal moments that lead us to connect more with each other.

It’s easy to understand how we got here. Video and other public content have exploded on Facebook in the past couple of years. Since there’s more public content than posts from your friends and family, the balance of what’s in News Feed has shifted away from the most important thing Facebook can do — help us connect with each other.

We feel a responsibility to make sure our services aren’t just fun to use, but also good for people’s well-being. So we’ve studied this trend carefully by looking at the academic research and doing our own research with leading experts at universities.

The research shows that when we use social media to connect with people we care about, it can be good for our well-being. We can feel more connected and less lonely, and that correlates with long term measures of happiness and health. On the other hand, passively reading articles or watching videos — even if they’re entertaining or informative — may not be as good.

Based on this, we’re making a major change to how we build Facebook. I’m changing the goal I give our product teams from focusing on helping you find relevant content to helping you have more meaningful social interactions.

We started making changes in this direction last year, but it will take months for this new focus to make its way through all our products. The first changes you’ll see will be in News Feed, where you can expect to see more from your friends, family and groups.

As we roll this out, you’ll see less public content like posts from businesses, brands, and media. And the public content you see more will be held to the same standard — it should encourage meaningful interactions between people.

For example, there are many tight-knit communities around TV shows and sports teams. We’ve seen people interact way more around live videos than regular ones. Some news helps start conversations on important issues. But too often today, watching video, reading news or getting a page update is just a passive experience.

Now, I want to be clear: by making these changes, I expect the time people spend on Facebook and some measures of engagement will go down. But I also expect the time you do spend on Facebook will be more valuable. And if we do the right thing, I believe that will be good for our community and our business over the long term too.

At its best, Facebook has always been about personal connections. By focusing on bringing people closer together — whether it’s with family and friends, or around important moments in the world — we can help make sure that Facebook is time well spent.

ふむふむ、なるほど………全然分からん。なのでこの投稿を分かりやすくまとめてくれた記事をご覧ください。

 

“Facebook、友人家族の投稿を増やし、ニュースや企業コンテンツを減らす方向性を発表”
http://thebridge.jp/2018/01/facebook_newsfeed

ここで翻訳してくれてるのは………

 

 

・Facebookは家族や友達との繋がりを大切にするために生まれたよ

・でも、最近では企業の広告メッチャ多いね

・本来の目的から離れて来てるから、企業ページはあんまり表示されないようにするね

 

って事でした。つまり、これから企業が個人にFacebookでアプローチをかけるのはすごく効率が悪くなるし、もし効率よくやりたかったら広告費をかけなければいけないって事なんですね。

 

てか、もともとそうじゃね?

でも、実際こんな発表が行われる前からすでに、企業ページに対してのリアクション率ってめちゃめちゃ低かったんですよね。生放送の動画を配信しても、僕たちの個人ページから配信するのと「起業茶屋」のページから配信するのでは再生回数に5〜10倍も差が生まれました。ちなみに、そんな事実を僕らに気づかせてくれた貴重な動画がこちら。

ちゃんと後でのシェアで挽回出来てよかったです笑

 

動画の配信数を始め、いいねやシェアの数等のエンゲージメント率も、個人ページでの同じ配信に比べて明らかに少なめ。原因はそもそもの配信数の少なさにあるようです。

 

だから、もし今Facebookでマーケティングや集客をしようと思ったら「個人ページ」で、「人と人との繋がりを大切にして」やっていくしかないんです。顔出しNGなんてもっての外。

 

最終的に信頼のアリ・ナシで勝敗が分かれていく

Facebookページで人のニュースフィードによく表示される投稿って、ユーザーの興味・関心に合わせたものなんです。じゃあ、Facebookのアルゴリズムはどうやって興味・関心を分析するかっていうと、そのユーザーがイイねやシェア、コメントをした投稿を蓄積して判断します。

 

つまり相手からリアクションを貰える様な投稿をしていれば自然と相手のニュースフィードへの表示回数も上がっていくんですね。

 

自分からのアプローチは”信頼を築けるかどうか”を考えてから

ここでよくある勘違いが生まれます。確かに相手からリアクションをもらったら勝ちです。相手からリアクションをもらう一番楽な方法は、「先に相手に対してアクションを起こす」事。

人には「返報性の原理」と言って、やってもらった事をお返ししたくなる特性があります。だから、自分が先に相手のFacebookにアクションを起こしていけば、自然と相手からも返してくれるようになります。フォローバックと同じ原理です。

 

でも、重要なのは相手のニュースフィードに表示される事でなくて自分の投稿を見た方に行動を起こしてもらえる事です。よく何の生産性もない、ただの井戸端会議的なコメントをしている方を見かけます。そのコメントをくれた方に対してはもちろん親切にすると思いますが、果たしてその方を「信頼」して「行動」を起こすでしょうか?

 

もし自分から相手に対してアクションを起こす場合は、必ず「今の自分のアクションは相手からの信頼を得られるものだろうか?」と考えて下さい。

 

えっ、そんなこといちいち考えてFacebook使ってられない?それでもいいんです。普通に使うなら。ただFacebookでマーケティングや集客をやるならココまで考えて下さい。

 

結論:マーク・ザッカーバーグの発言は、自分の行動を見直すいい機会

 

Facebookでの集客の難易度が上がったお陰で、皆さんも自分のFacebookでのマーケティングを見直すいい機会になったと思います。そして今からFacebookでマーケティングを行おうとしているあなた。必ず「個人ページの強化」を中心に行ってくださいね!

いつもありがとうございます!

一言で伝えちゃう!
「顧客獲得」の要点、大公開。


〜 「作戦会議室 for Biz」無料参加権 〜

 

年間500名の事業者を集める主催者が、
事業者・起業家・フリーランスに必要な情報を、
秘密、裏話を……無駄なくお届け。
 

【フォローしていただいた方限定】
今だけ、もれなく!
「作戦会議室 for Biz」に
1回無料で参加できます!!
( 通常10,000円 )
 

「作戦会議室 for Bia」主催者のTwitterを
 今フォローしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です