ゼロから写真撮影を始めて、200%楽しむ方法まとめ

写真撮影 起業

はじめまして、こんにちは、こんばんは。

マーケッター兼フォトグラファーの井畑です。

この写真の………

 

 

この部分に写っている井畑です。

 

僕が写真をはじめたのは今から5年前、大学5年生のときのことです(そう、僕は人より1年長く大学生活を楽しんでいます)。始めて使ったカメラはオリンパスの「E-PL3」、当時Amazonで2万円くらいで買えたミラーレスカメラが僕のカメラライフの始まりでした。

 

それから5年間、いろんなメーカー、色々なセンサーサイズのカメラを行ったり来たりしながら、プロのフォトグラファーとしての活動も始めました。※インスタグラムはこちらhttps://www.instagram.com/ihatadaisuke

いろんな機材を使ってて分かったのは、どんな機材を使ってても、結局いい写真が撮れるのは
「写真を撮るって楽しい!!」

って感じてる時なんですよね。

そこで今回は、僕が「楽しんで撮る」ためにやっている事をお伝えします。誰でもプロのフォトグラファーと同じ土俵にのれる時代。ぜひカメラライフを楽しんで人生の新しい可能性を開いて下さい。

では、どうぞ!

ゼロから写真撮影を始めて、200%楽しむ方法まとめ

1. 撮りたいと思った物を撮る

てか、もはやこれが全て。自分が「キレイ」「面白い」「珍しい」「感動する」と思ったものを撮りましょう。

技術なんかいくらでもつきます。それこそ一昔前の「師匠から弟子に一子相伝、変な師匠に当たったら終わり」みたいな時と違って、ユーチューブで最高クオリティの情報がいつでも手に入ります。

だから重要なのは知識や技術よりも感性

どれだけ多くの「撮りたい」を経験するかで写真の楽しさも変わって来ますし、フォトグラファーとしての質も変わってきます。

 

2. たくさんたくさん写真を撮る

量より質です。これは全て。

プレゼンの天才スティーブ・ジョブズは誰よりプレゼンのリハに多くの時間を割きました。

素人ほど「質」を求めたがりますが、本当に楽しい事はそんなにインスタントには出来ません。

撮れば撮るだけ技術も上がるし、撮れば撮るだけ楽しくなります。

3. 写真を現像する

と思われた方もいると思いますが、デジタルカメラでも現像と呼ばれる行程はあるんです。

 

一眼レフやミラーレス一眼には「RAW」という形式で写真を保存する昨日があります。(本当はiPhoneにもあります。)

 

このRAW形式の特徴は「データがデカい変わりに、後でいくらでも編集が出来る」という所です。

 

例えばホワイトバランス何かが分かりやすいです。風景撮影をした後に「あっ、屋内で撮った設定のままだった………orz」なんて思いをした経験はありませんか?もしRAWで撮っておけばホワイトバランスは後で設定出来ます。

 

そして、正確にいうとRAWは「写真データ」ではなくて「センサーが受け取った光のデータ」です。その光のデータを取扱の便利な「写真データ」に変換することを「現像」といいます。

 

騙されたと思って一回RAWで撮って現像してみてください。同じ素材でも現像によって全く別物になります。

4. 明るいレンズでボケを楽しむ

みなさんカメラについているAモードとかSモードって使ってますか?

Sモードは「シャッタースピードを設定」出来るモードです。じゃあAモードは?これは「絞り」を設定出来るモードです。

 

この絞りって、レンズからセンサーに届く光の量を調整出来るのですが、超ザックリいうと「センサーに届く光が多いとよくボケて、少ないと全然ボケない」って覚えておいてください。

 

絞りを表す単位はFで、数字が小さいほどセンサーに届く光が多くなります。なのでまとめると、「F値が小さければ小さいほど、よくボケる」んです。

 

一眼初心者が挫折するポイントの一つがここ。せっかくプロが撮る写真のような「ボケ」を期待したのに、自分の写真は全然ボケない。やっぱり自分には無理だったんだ………って感じで心が砕けていくそうです。

 

大丈夫。単焦点レンズってのを買って、F値を一番小さくしておけば勝手にボケますから。ぼかすだけなら簡単。

 

自分のカメラのメーカー名と一緒に「撒き餌レンズ」って入れてググればオススメレンズを教えてもらえます。

 

 

5.写真をいっぱい観る

 

あとはひたすらにこれ。

 

自分の中の撮りたいイメージが膨らめば膨らむ程、撮影は楽しくなります。

 

Flickrでも500pxでもユーチューブでもいいから、とにかくお気に入りのフォトグラファーの方を見つけて、写真をみまくりましょう。

 

最後に

 

最後にどうしても言いたいことが一つだけあります。

 

それは「見る人の心を動かせる写真を撮れた時」が一番楽しいです。この見る人は自分自身でも構いません。

 

あの時の心の震えはちょと言葉じゃ言い表せないので、ぜひたくさんたくさん写真を撮ってその感覚を味わってみてください。

 

※本当の最後に、お気に入りの一枚を

 

写真撮影 起業

いつもありがとうございます!

一言で伝えちゃう!
「顧客獲得」の要点、大公開。


〜 「作戦会議室 for Biz」無料参加権 〜

 

年間500名の事業者を集める主催者が、
事業者・起業家・フリーランスに必要な情報を、
秘密、裏話を……無駄なくお届け。
 

【フォローしていただいた方限定】
今だけ、もれなく!
「作戦会議室 for Biz」に
1回無料で参加できます!!
( 通常10,000円 )
 

「作戦会議室 for Bia」主催者のTwitterを
 今フォローしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社Key-Performance取締役。声がデカい。社会的な声のデカさ(影響力)が実際の声よりも小さいのに納得がいかないので起業化支援しながら影響力向上中。「起業の作戦会議」が出来る起業家最強のイベント「起業茶屋」を開催中!