直近の起業茶屋の開催情報はコチラ

インスタグラムを「妄想をスタートさせるスイッチ」として利用するマーケティング手法

ブログ インスタ
ブログ インスタ

こんにちは。フォトグラファーのイハタです。
 
インスタグラムマーケティングの話をします。インスタグラムを利用するマーケティングの使い道をいまいち上手くつかめていない人が大勢います。
 
その方々の発想は「インスタグラムを使って何が出来るか?」という、インスタグラムを使うことありきの発想なんです。要は、今までの自分のビジネスプランの中にどうやってインスタグラムを埋め込めるかを考えている。だから上手くいかないんですよ。
流行りに乗ろうとする気持ちは分かりますが、「流行ってる=みんなやりだしてる」なんで、今から無理やり使おうとしてもどんぐりの背比べ。大量のどんぐりの中に埋もれるだけです。
 
そうじゃなくて。発想の起点を「どうすればお客様がより多く自社の商品を買ってくれるか」とか「どうすればお客様の満足度をあげられるか」というところに持っていってください。その中で、インスタグラムで担うと有効な要素が見つかったら導入してください。
 
じゃあ、具体的にインスタグラムが担うと有効な要素とはなんでしょうか?
 
それは、お客様の妄想をスタートさせるスイッチになることです。
 

そもそも、インスタグラムはマーケティングに向いていないんです


いきなりとんでもな話ですが、インスタグラムはマーケティングに向いていません。だって直接URLが貼れないから。
 
どういうことかと言うとですね。例えばFacebookだったら、サングラスに関する投稿をするとします。その投稿にサングラスの購入ページのURLを貼り付けておくと、興味を持った人は直接リンクをクリックして購入ページを巡回します。
 
だいたいの場合、購入ページに入った人のうち何%が購入するかの統計は取れているので、Facebookマーケティングでは、とにかくURLをたくさんクリックさせればよかったんです。
 
ところがインスタグラムはそのURLの貼り付けが出来ない。だからもしサングラスの写真をインスタグラムで投稿して、それに興味をもった人がいたとしたら、一回インスタグラムを閉じて、自力でネット検索をして購入ページを検索しなければいけません。
 
見た人に自力で検索をさせるという手順が入るため、当然大部分の人がここで脱落します。ねっ、インスタグラムはマーケティングに向いていないでしょ?
 
インスタグラムをFacebookと同じ物だととらえて使うと、全く上手くいかないのはこういう理由です。
 
 

うそ、本当は”物販”に向いていないだけです

 
と、上ではインスタグラムがいかにマーケティングに向いていないかを話しましたが、本当は嘘です。
 
インスタグラムが向いていないのは、直接商品を購入させる”物販”だけで、本当はマーケティングの強力なツールになります。
 
では、インスタグラムの正しいマーケティングでの使い方は?冒頭でも書いた通り、お客様の妄想をスタートさせるスイッチにすることです。
 

インスタグラムを「妄想をスタートさせるスイッチ」にする

起業 スマホ
起業 スマホ

みなさんはキングコング西野さんの書かれた”魔法のコンパス”または”革命のファンファーレ”という本を読まれましたか?
 
鬼才西野の頭の中が詰まった2冊。えんとつ町のプペルを32万部売り上げた要素が詰まった2冊です。
 
これ読まないでこれからビジネスやるとか笑っちゃうってレベルの本なので、読んでない人は必ず今買って読んで下さい。
[amazonjs asin=”4391149192″ locale=”JP” title=”魔法のコンパス 道なき道の歩き方”]  
[amazonjs asin=”4344031555″ locale=”JP” title=”革命のファンファーレ 現代のお金と広告”]  
で、ステマが長くなりましたが、本題です。
この本の中で、「人がお金を出すのは生活必需品かお土産だ」という話が出てきます。
 
お土産にお金を出すのは、お土産が思い出を呼び起こす鍵になっているからで、思い出はイコールで体験のことであると。
 
つまり人がお金を出すのは生活必需品体験だよという話しでした。確かに言われてみるとその通りでお土産屋さんはどんなにボロくても商売が成り立っているし、実際西野さんはこの手法で絵本をバンバン売っています。
 
 
なので、人は「体験・思い出・お土産」にお金を出すという前提でこれからの話を進めます。
 

体験を提供出来れば商品が売れる


体験と提供して、その結果お客様が満足すれば、それがお金に変わっていきます。
でも、体験の提供とインスタグラムとどういう関わりがあるのか?確かに写真を見せるという行為自体は体験ですが、それならば500pxとかの、もっと適したSNSがあります。ましてや写真を見せるという体験と、自分が提供する価値(体験)とがかけ離れていてはなおのこと意味がありません。
インスタグラムでは相手に直接的な体験をさせることは出来ません。でもそのかわり、疑似体験をさせる事が出来ます。それがお客様の妄想です。
 

疑似体験の機能としての妄想


自分の提供する商品・サービスを受け取る事により、自分の生活にどんな変化があるのか………
 
例えば厳島神社の写真を見れば広島への旅行の妄想をし、スタバのホットコーヒーの写真を見れば暖かいコーヒーを飲みながら友達と楽しく過ごすシーンを妄想し、素敵なネイルの写真を見つければ次のデートでの彼氏のリアクションを妄想する。
 
妄想をすることで、お客様の脳内に擬似的に体験を起こすことができます。そして、その妄想のスイッチになるのがインスタグラムに掲載されている写真なのです。
 
事実、最近では多くの20・30代はインスタで旅行先を決めています。まずインスタグラムで写真を見つけ、そこに行くシーンを妄想し、その上でGoogleやYahoo!で検索を行います。みんな、妄想による疑似体験を行い、その体験を実際にするためにお金と時間をかけているんです。
 

コンテクスト(文脈)の伝わる写真

 
では、妄想のスイッチになる写真とはどのような写真でしょうか?
 
それは、コンテクスト(文脈)の伝わる写真です。
 
試しに3枚の写真をご覧下さい。

 
一枚目、二枚目正直何を伝えたいのか分からないですよね。パソコン単品や、カメラ単品だと情報が少なすぎて、その写真がどんな状況で撮られたかが伝わって来ないんです。
 
でも、3枚目。これなら写っているものだけで、なんとなく「撮ってきた写真をスタバで見てるんだな」っていう事が読み取れます。さらに勘の良い人であれば、パソコンに写っているのは花火の写真だから、花火大会が終わってスタバにいるんだなって所まで予想出来るでしょう。
 
さあ、ここからは発展編です。今回パソコンに写っている写真はiPhoneの手持ちで撮ったものなのでなかなか残念な感じ。でももしこれがめちゃめちゃキレイな花火の写真を撮れていたらどうなっていたでしょうか?
 
きっと、僕の持っている花火をキレイに撮影する要素に興味を持つ人が出てきます。みんな花火をキレイに撮りたくて失敗してますから。「この人のやり方なら自分でも花火をキレイに撮れるんじゃ………」という妄想ですね。
 
そこまで行けばあとはもうやりたい放題。「花火をキレイに撮る撮影技術を教えてます。知りたい人は井畑太佑で検索してね」とかのコメントを入れておけば、自然とホームページに誘導されるし、お金を払ってくれます。
 
これは例え話ですが、実際に今の話しで「自分のビジネスだったらどんな妄想をさせることが出来るか」のイメージがついた方も多いと思います。
 

テキスト?そんなの読まれないよ。

一応上の「コンテクストの伝わる写真」の必然性をもう少し証明するために、よくある反論を論破しておきます。
 
それは「そんなの写真で説明しなくても、コメントとして書いておけばすむ話しじゃない?」ってやつです。
 
いいですか?妄想を呼び起こす事がインスタグラムマーケティングの最大のポイントであり、写真というツールを使って妄想を喚起出来る所が、インスタグラムマーケティングの最大の強みなんです。
 
テキストでも確かに十分ですよ。相手の脳内にしっかりとした妄想をさせられる「具体的」で「視覚的」な文章を書けるなら、どうぞそうされて下さい。人間は情報源の75%は視覚情報です。その視覚情報にダイレクトに訴えられる写真にこだわらなくてどうするんですか。
はい、ということで論破終わりです笑
 
 

まとめ

 
・お客様がお金を払うのは「体験・思い出・お土産」と生活必需品。
・インスタグラムは疑似体験としての妄想を引き起こす。
・お客様にこちらのイメージ通りの妄想をしてもらえるようコンテキスト(文脈)の伝わる写真を撮る。
 

オマケ:ここまでのシナリオ、プロが設計しましょうか?

 
この記事を読んで、インスタグラムのマーケティング利用には妄想を引き起こす事が大切なのは分かったけど、自分でそれを設計して実行する自信のない方。
 
私が代行するサービスがあります。
 

プロが設計する、インスタグラムを「妄想をスタートさせるスイッチ」として利用するマーケティング手法
 
インスタグラム使いたいけどなんだか上手くいってない人。このままだとそのモヤモヤを引きずるだけですよ?ここでお金で解決しちゃいましょう笑

いつも共有、ありがとう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です