直近の起業茶屋の開催情報はコチラ

【目的のない者は滅びる】企業・国、地域、個人の目的とは?

盛り上がりと充実感を目的に
盛り上がりと充実感を目的に

 今を生きる起業家に、確かなものを届けたい。
起業家着実な成長を支えている 筧田かけひだ です。
今回は、500名超の起業家の実態様々な地域行政の現場に関わって気づいた、私たちの目的ことを、確かにお届けします。

今の社会で生きる私たちの目的とは?

私はこの社会の中で生きている目的を、最後には「 充実感 」と「 経済的持続 」という2点にまとめられると思っています。
なぜそう感じているのか。このブログでは、自分の中で感じているものを企業・国、地域、個人の視点で、言葉に変換していきたいです。また自分の考えていることが少しでもにじみ出て、伝わったら嬉しいです。

企業と国の目的とは?

企業は私に何をしてくれているのでしょうか?
Google、Apple、docomo、イオン、トヨタ、ユニクロ、吉野家、三菱UFJ……
資本主義社会自由取引の経済において、企業は「私たちお客様の生活を豊かにし充実感を与える」ために存在していると思います。
また企業が活動を続けるには、人間で言う血液のように、お金を絶やさないことがポイントになってきます。お金が回らなくなったとき、企業は破産し、活動を続けられなくなります。サービス提供だけでなく、雇用もなくなります。仮に、Googleが破産し、サービスを提供できなくなったとしたらどうなると思いますか? 仮に、トヨタが破産して、販売やアフターサービスを行えなくなったらどうなると思いますか?

車屋さんの仕事は充実感
車屋さんの仕事は充実感を生むこと
この話は、国に当てはめても同じです。
国が健全に機能しているなら、「国民の生活を豊かにし充実感を与える」ために存在していると言っていいです。
国会の目的は?
国会の目的は?
もしお金が絶えた場合、デフォルトという財政破綻が起こります。そうすると、日本の場合、円の価値がなくなり物価は高まります。また年金保障はなくなります。輸入ができず、食料やエネルギー供給が厳しくなり、ライフラインが維持できなくなります。重要な問題として、警察や防衛機能が低下します。想像を超える信用収縮により、GDPはえらく下がります。
というわけで、お客様か、国民かという違いはありますが、この社会の仕組みの中で、目的は「人々の生活を豊かにし充実感を与えること」で、そのために「経済的に続くこと」が必要なんだと改めて思います。

地域の目的とは?

日本中に巻き起こる地方創生の話は、いつでも観光という言葉から始まっている。なぜ観光から始まるのか?
私がストンと腹に落ちた「地域」という言葉の定義が、東海大学政治経済学部経済学科 川野辺ゼミナールの論文に見つかった。

この論文で対象とする「地域」の定義付けをしておきたい。ここで上げる「地域」とは、特に、経済的に困窮し、人口が減少している県という意味で定義しておく。

つまり、行政や国がしている地方創生の話の中身は、経済的に困窮している自治体人口が減っている自治体でないと機能しないということなんではないかと、私は思っています。
実は私の住んでいる茨城県南地域、特に関わっているつくば市阿見町を見ると、経済的に困っていないし、人口も減っていない。つまり、お上の地方創生の話に着いていくべきか、検討の余地があるように思う。しかし実際には、多くの現場において思考停止しており、目的を掲げずに観光の話から始まります
地域は何を目指しているのか? 住民は何を求めているのか?
例えば、交通・輸送のインフラが整い、工業地帯が整備され、人口が伸びている土地で、なぜ観光を盛り上げることが必須と考えるのか? 目的はなんなのだろうか。
私が会う度に、100名以上の一般住民に聴いた限りだと、特別に観光振興を求めている人はいないように感じた。ただ地域・地元が有名になることに不満がある人はいない
ただ、地元が有名になることは誇りになるようで。私はこの誇りも、充実感のひとつなんだろうと思っています。
もし行政が経済的に困窮しているということであれば、どのように収益を挙げるかが一番の論点になります。それが必ずしも観光である必要はないという話です。
なぜ観光から話が始まるのでしょうか?
国として観光に力を入れることには賛成。日本が観光地として他の国の人と交流することは、とても良いだと思っている。しかし、観光立国をすべての地方自治体のガイドラインとすることが、なんか違うのでは……と思っています。
地域の目的はなんだろうか? 地方自治体の目的はなんだろうか?
私が住民としてお願いしたいことを集約すると、「 自分たち住民の充実感支援 」と「 行政機能が破綻しないこと 」に尽きます。

個人の目的とは?

個人の人生において、私はいつも構成要素があると発信しています。

・精神・身体の健康

・衣食住の環境、生活様式

・社会・仲間・家族への愛・公献

・情熱 ▷ 趣味・遊び・好奇心

・資産 ▷ 信頼・時間・お金

しかし、これらの構成要素の上には「充実感」があります。構成要素は充実感を得るためのものです。それは充実とは違う。あくまで自分がどう感じるかという「」だと思っています。

ちゃんみよTVで記念撮影する筧田と井畑
ちゃんみよTVにて笑顔で記念撮影する筧田と井畑
結局全ての話は、具体的にどうやって自分と人々に充実感をもたらしていくのかという話に至るのですが……
充実感とその構成要素については、次回、お届けします!(ごめんね。)

目的のない者は……

目的のない者、他から必要とされない者は、消えていきます。
地域には様々な協会、委員会、会議がありますが、目的のない集まりは廃れます。
目的のないところに時間やお金を費やすのは止めましょう。もったいないです。

目的の話のまとめ

何度も繰り返してしまいましたが、これは大切な話で、あなたに届けたい話でした。
そこに人がいる限り、どんなシステムでも充実感は外せないんだろうと思います。そして今の社会システムにおいては、経済的に続くことも外せない条件だと思っています。
ここで2つ質問があります。
1つは充実感について。
・あなたが求めている充実感について考え、言葉にしたことはありますか?
・充実感を目指して活動したことはありますか?
・自分の充実感について他の人に話したことはありますか?
もう1つは、
経済的に続くためにどんなことを学んできましたか?
どんなことを実践していますか?
私の仕事は、お客様の充実感と経済的持続を実現すると共に、自分の充実感と経済的持続を実現することだと、肝に銘じて生きています。
少しでもこのブログがあなたのお役に立てれば嬉しいです。
ご覧いただき本当にありがとうございました!

“ いいものだらけ ”の世の中へ。

株式会社Key-Performance

代表取締役 CEO / 起業家
 筧田 聡 Satoshi Kakehida

いつも共有、ありがとう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

筧田 聡
【 “いいものだらけ”の世の中へ。】を理念に、高校の同級生と共に、株式会社Key-Performance を創業し、代表取締役を務める。 「魅力的な起業家の集まりが地元にない!!」ことから、起業茶屋® を立ち上げ、4年で1600名を集客する。 現在は、人間観察サロン™、起業の作戦会議室™に力を込めている。