驚くほど情報収集がグググッと効率化する3つの約束【簡潔化情報局】

情報収集

こんにちは、株式会社Key-Performanceの井畑です。

 

今日は【驚くほど情報収集がグググッと効率化する3つの約束】をご紹介します。

 

正確で素早い情報収集は経営の簡潔化には必須です。

 

ぜひみなさんもこの記事の約束を守って、情報収集を「効果的」で「短時間」にしてください!!

 

 

約束1【的確な問いに置き換える】

 

効果的な情報収集のための1つめの約束、それは………

 

 

自分の求めてる成果を、的確な「問い」に置き換える

 

 

ことです。

 

 

私たちは以前にお客様のビジネスの市場調査サービスを行っていた事があります。

 

 

 比較的安価なサービスだったため、ビジネスを始めたばっかりの方も多くの、依頼内容は抽象的な内容ばかりでした。

 

(例えば『「笑顔」を商材にした場合の市場規模を調べて欲しい。』とかです)

 

 

このような場合、ただただ笑顔に関する情報を集めていたら時間がいくらあっても足りません。

 

 

そこで、まずは自分たちに「お客様が満足する情報収集は何か?」という質問を投げかけます。(これが「自分の求めている成果」です。)

 

その結果、以下のような答えが出てきました。

 

 

・誰に対して『笑顔』は需要があるのか?(顧客は誰か?)
・顧客はどのくらいいるのか?
・すでにどんなサービスが存在しているのか?
・その規模はどのくらいか?
・関連するサービス・相性のいいサービスは何か?またその市場規模はどのくらいか?

 

 

※答えが次の問いになっているところがポイントです。

 

 

これらの情報の中から、『お客様にとって絶対必要な情報』と『お客様に喜ばれる情報』をピックアップして情報収集を行います。

 

 

こうすれば、漠然とした情報収集の手間もなくなり、さらにお客様の期待以上の情報を提供することができます。

 

(事実、本社も市場調査サービスをきっかけに継続利用してくださるお客様が何人もいらっしゃいます。)

 

 

一つ目の約束は、【自分の求めてる成果を、的確な「問い」に置き換える】です。

 

 

約束2【仮説を持つ】

 

1つ目の約束は、【自分の求めてる成果を、的確な「問い」に置き換える】でした。

 

「問い」があれば当然「答え」があります。

 

その答えを探すことが「情報収集」ですが、答えに対する自分なりの『仮説』を持っておくと、次の2つの点で非常に効率よく情報収集が出来るようになります。

 

①必要な情報がよりハッキリ理解出来る。

 

仮説を立てて情報収集をした場合、その仮説を証明するための情報を集めます。

 

その結果、今の必要な情報は何かがよりハッキリと分かります。

 

漠然とした収集に比べて効率は段違いです。

 

また、必要な情報がわかるので、情報の集めすぎに無駄な労力を割くことも防げます

(調べても調べてもまだ足りない気がして無駄な情報を集めることはよくあります。)

 

 

②得られた情報から洞察を得やすくなる

 

仮説を立てて情報収集を始めるのですが、仮説が正しく立証されるなんてことはほとんどありません。

 

だいたいは一部、または全部が間違っています。

 

その場合、集めた情報から適切な真実を見つけなければいけないのですが、ここでも仮説が役に立ちます。

 

一見バラバラの情報でも、とりあえずそれを仮説実証の枠に当てはめることで、意外な事実が浮き上がってきます

 

仮説によってあらかじめ自分の頭に情報処理のフレームを入れておくことで繋がりが浮かび上がりやすくなるのです。

2つ目の約束は、【仮説を持つ】です。

 

 

 

 

約束3【行動を起こせる結論にする】

 

 

ここまで、情報収集に関する2つの約束をお伝えしました。

 

ですが、せっかく収集した情報が、使われずに山積みになっているということはよくあることです。

 

 

なぜでしょうか⁇

 

 

これは、情報収集がただの『事実の羅列』になっている場合に起こります。

 

 

そもそも、なぜ情報収集をおこなったかという『目的』が存在したはずです。

 

 

しかし多くの場合、情報収集を行っている間にその『目的』を忘れてしまいます。

 

 

大切なのは『情報収集をして分かったことを踏まえて、次に何をするか』です。

 

 

これを外さないためにも、情報収集は【行動を起こせる結論にする】事が必須の約束になります。

 

 

まとめ

 

【驚くほど情報収集がグググッと効率化する3つの約束】

 

①的確な問に置き換える

②仮説を持つ

③行動を起こせる結論にする

 

みなさんもぜひ、情報収集を効率化し、ビジネスをスッキリ簡潔にして下さい!!
経営簡潔化に関する最新情報を発信中。
 
情報局へのご登録がまだの方はこちら!!

番外編【仮説にとらわれない】

第2の約束は『仮説を持つ』でしたが、一つ気をつけなければいけない事があります。

 

それは、『仮説に囚われない』ことです。

 

人間の頭は『最初に知った情報こそが正しい』と認識する傾向があります。

 

なので、未知の情報に関する『仮説』を持つと、あたかもその『仮説』こそが正しいと無意識に思い込みがちになります。仮説を否定する情報を軽んじたり、ひどいと見なかったことにしたりします。

 

そうならないために、「仮説はあくまで仮説」という意識をしっかりと持っておいて下さい。

経営簡潔化に関する最新情報を発信中。
 
情報局へのご登録がまだの方はこちら!!

 

情報収集

いつもありがとうございます!

一言で伝えちゃう!
「顧客獲得」の要点、大公開。


〜 「作戦会議室 for Biz」無料参加権 〜

 

年間500名の事業者を集める主催者が、
事業者・起業家・フリーランスに必要な情報を、
秘密、裏話を……無駄なくお届け。
 

【フォローしていただいた方限定】
今だけ、もれなく!
「作戦会議室 for Biz」に
1回無料で参加できます!!
( 通常10,000円 )
 

「作戦会議室 for Bia」主催者のTwitterを
 今フォローしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社Key-Performance取締役。声がデカい。社会的な声のデカさ(影響力)が実際の声よりも小さいのに納得がいかないので起業化支援しながら影響力向上中。「起業の作戦会議」が出来る起業家最強のイベント「起業茶屋」を開催中!