直近の起業茶屋の開催情報はコチラ

従業員の採用に要する期間【KPI設定】

採用期間-KPI
採用期間-KPI

 
どうも今日は。
茨城の経営アドバイザー 筧田です。
 
今回も「淡々とKPIシリーズ」で、
従業員の採用に要する期間
という指標をお伝えします。
 

「従業員の採用に要する期間」は重要ですよ

採用期間の重要性を把握している組織は意外と少ないです。
 
例えば、会社で欠員が出たとします。
この時、すぐに補充できなければ色々と悪影響が出るんですよ。
 
例えば、
人数不足による業務遅延、欠員カバーによる生産性の低下
収益低下、臨時雇用・外注利用によるコスト増加です。
 
従業員が必要になった日」から、
採用したものが実際に業務を始める日」までの期間、速度は、
組織マネジメントにおいて重要な変数なのです。
 
あなたの会社の雇用・採用プロセスがどうなっているか、
確認するきっかけにしてみてください。
 

情報収集

雇用・採用プロセスがシステム化されていれば簡単ですが、
システムがなければ手動での記録が必要になります。
 

従業員の採用に要する期間を求める式

従業員が必要になった日」と
採用したものが実際に業務を始める日」から
職務別や全社における採用期間の平均を求めます。
 

目標設定

採用に要する期間は、通常20-80日間です。
要点は、より短期間質の高い人財を得ていくことです。
 

注意点

職務や業界によって、採用期間は異なります。
そのため全体の平均だけでなく、職務別に比較し、把握することも重要です。
 
 
この従業員の採用に要する期間という指標から、
ぜひ、雇用・採用プロセスの改善につなげてみませんか?
 
淡々とKPIシリーズ、
今回もどうもありがとうございました!
 
 

“ いいものだらけ ”の世の中へ。

株式会社Key-Performance

代表取締役 CEO
 筧田 聡 Satoshi Kakehida

 

いつも共有、ありがとう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

筧田 聡
【 “いいものだらけ”の世の中へ。】を理念に、高校の同級生と共に、株式会社Key-Performance を創業し、代表取締役を務める。 「魅力的な起業家の集まりが地元にない!!」ことから、起業茶屋® を立ち上げ、4年で1600名を集客する。 現在は、人間観察サロン™、起業の作戦会議室™に力を込めている。