直近の起業茶屋の開催情報はコチラ

「モノより、思い出」を証明する研究結果

10月20日のウォールストリートジャーナルに、同じお金をかけた場合、モノの所有と経験のどちらが満足度が高いかに関するレポートが紹介されてました。

 

ざっくりまとめると

モノを買うよりも経験にお金を費やす方が満足度が高い

経験に満足度を与える要因は「ソーシャルキャピタル(人のつながり)」「アイデンティティ形成」「経験そのものの楽しさ」の3つ

とのこと。(この情報の出展はこちら(R))

さらに、同じ体験を繰り返し(通年の同じ場所への旅行等)、体験が「自分がもっていなければならないもの」と感じるようになると、それがモノの所有と同じ感覚になるとのこと。要はマンネリ化するとモノ扱いされるってことですね。

また、モノの販売でも、例えば自転車のように、そのモノを使うことで上で紹介した3要素を満たす場合は、「体験」として脳が捉えるそうです。

体験を売るタイプの商売の場合はマンネリ化することなく「ソーシャルキャピタル(人のつながり)」「アイデンティティ形成」「経験そのものの楽しさ」の3つを与えることが大切だし、モノを売る人の場合は「それによって得られる体験」をデザインしてあげる必要があるということでしょうね。

いつも共有、ありがとう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です