直近の起業茶屋の開催情報はコチラ

KPI設定が機能しない原因 第1位は?

周りがカップルばかりだと余計に寂しさが増しますよね??

こんにちは!

株式会社Key-Performance 代表の筧田です!

 

今回は、「KPIを活用できない原因」についてお伝えします!

結論を申しますと、原因の第一位は「時間軸の過去だけに注目する設定」になっているということです。

 

なぜ「過去だけに注目する」ことが、KPIを活用できない原因なのでしょうか?

 

KGI設定だけという実態

経営指標の設定において「未来現在過去」を考えたことはありますか?

この質問に対して、「はい!」と答えた方に出会ったことは、まだありません。

 

簡単に説明させて頂きます!

※『現在』は一瞬で過去になります。便宜上、今回は『過去』に含めて説明させて頂きます。

 

未来の経営指標』とは、「『現在の行動が、これからどれだけ成果を上げるか』を予測するKPI」のこと

過去の経営指標』とは、「これまでに確定した成果を表すKGI」のこと

 

過去は既に結果が出ています。

過去の数字は、成果を記録していれば、集めるだけなので簡単に表現することができます。

そのため経営指標を設定する多くの組織では過去に注目したKGI だけ を扱っています。

 

そもそも経営指標を設定して、私たちがやりたいことはなんでしょうか?

目的の実現に向けて、効率よく活動する」ために、経営指標を設定するのが基本だと思います。

 

しかし、過去に注目した数字を検証だけで、成功に繋がる効率のよい行動を、素早く見出すことはできるでしょうか?

 

効率よく活動するためのKPI設定

活動の効率を良くするために、必要なことが2つあります。

現在の行動に対して、

効果を予測する

効果を検証する

 

その結果として、『未来の成果に直接つながる行動』を指標とすることができれば、経営において心強いですよね。

 

もし予測が正確で、「指標の数値」が良ければ、未来の成果(業績)が良くなるということです。

もし結果が悪ければ、前もって業績が悪くなることを認識することができます

 

注意点ですが、一番最初の予測は仮説です。

効果の検証を繰り返すことで、次第に的確な行動にたどり着くことができます。

 

KPIは『行動指標』であり『未来を表す先行指標』である

前述しましたが、KPIを設定する中で的確な行動を見出すことができます。

 

それはKPIとは、そもそも行動指標であり、未来を表す先行指標だからです。

KPI設定の規則に準じて活用すれば、難なく未来を表す指標を持つことができます。

 

現在の行動が、これからどれだけ成果を上げるかを予測する指標」を持ったら、

目的の実現に向けて、効率よく活動できる指標」を持てたら、

組織はどうなるでしょうか?

 

 

ぜひ、KPIという『行動指標』&『未来を表す先行指標』を機能させてください。

 

 

“ いいものだらけ ”の世の中へ

株式会社Key-Performance

代表取締役
 筧田 聡 Satoshi Kakehida

 

いつも共有、ありがとう!

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

筧田 聡
【 “いいものだらけ”の世の中へ。】を理念に、高校の同級生と共に、株式会社Key-Performance を創業し、代表取締役を務める。 「魅力的な起業家の集まりが地元にない!!」ことから、起業茶屋® を立ち上げ、4年で1600名を集客する。 現在は、人間観察サロン™、起業の作戦会議室™に力を込めている。