「人間観察サロン™」 初月110円|入会受付中♪

【KPQ】重要業績質問:Key Performance Questions

 
こんにちは!
株式会社Key-Performance 代表の筧田です。
 
今回は、日本語において最も分かりやすい KPQ の説明をします!
というのもKPQ(Key Performance Questions)日本語で説明しているサイトはここだけです!

※2016年3月現在もここだけのようです♪

 

経営に対して質問がないならKPQもKPIも不要

KPI と呼ばれる “指標” は、経営状況を知るためにあります。
あなたは、経営におけるどんな状況を知りたいのですか?
この問いが明確でなければ、KPI もはっきりとは答えてくれないでしょう。
 
もし経営状況を的確に知りたいならば、『一つの的確な質問』が必要です。
 
一つの的確な質問……それを『 KPQ 』と呼びます。
KPQ ⇒ Key Performance Questions
つまり活動成果に関わる重要な質問という意味です。
 

KPQ はスタッフに方向性を与える

あなたが、社内に KPQ を問いかけることで、各スタッフも目的を持って1番重要な活動に集中することができるでしょう。
 
かの有名な Google 社の会長であるエリック・シュミットさんは、こんなことを言っております。
「我々は、答えることではなく、問いかけることで会社を経営しています。」
 
そして彼は言いました。
未来はどこに向かい、Googleは何を作り出すのか
 
Googleでは、戦略プロセスにおいて、回答しなければならない30の質問を定式化しています。
質問であるため、簡単に回答するというよりは、会話すなわち思考につながります
 
KPQ を全スタッフと共有することで、より的確な KPI が見えてくるのです。
それも、あなた独自の的確な KPI です。
 

KPIを見つけるためにKPQ

 
真似になりますが、口に出して言ってみましょう。
KPI が見えてくるはずです。
 
未来はどこに向かい、あなたは何を作り出すのか?
 
 

“ いいものだらけ ”の世の中へ

株式会社Key-Performance

代表取締役
 筧田 聡 Satoshi Kakehida

 

この記事をシェアしませんか?

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
筧田(かけひだ)
【 “いいものだらけ”の世の中へ。】を理念に、高校の同級生と共に、株式会社Key-Performance を創業し、代表取締役を務める。 「魅力的な起業家の集まりが地元にない!!」ことから、起業茶屋® を立ち上げ、5年で2000名を集客する。 現在は、人間観察サロン™、起業の作戦会議室™に力を入れている。