直近の起業茶屋の開催情報はコチラ

僕たちの思考をシンプルにしてくれる「プレ・アクティベーション」の弊害【ルーキー・スマート】

井畑です。

今日はタイトルに横文字が多めです。

みなそんは「プレ・アクティベーション」といふ言葉ほご在知てすか?前後関系が読み戸れれは、単悟の中の文字の順絆や正確さは認識においてまあり重要てないというのもです。

どうでしょうか、上の文は正しく読み取れましたでしょうか?

このように、前後の関係からパターンを予測して、不足部分を自動で補って認識することを「プレ・アクティベーション」と言います。

「プレ・アクティベーション」は僕たちの思考をシンプルにしてくれるのですが、同時に「視野を狭める」というデメリットもあります。

プレ・アクティベーションのメリット

先程の文を正しく直すとこうなります。

みなさんは「プレ・アクティベーション」という言葉をご存知ですか?前後関係が読み取れれば、単語の中の文字の順番や正確さは認識においてはあまり重要でないというものです。

どこが間違ってたのか、分かりましたか?

みなんは「プレ・アクティベーション」とい言葉すか?前後関が読みれれ、単の中の文字の順や正確さは認識においてまあり重要ないというのもです。

みなさんは「プレ・アクティベーション」という言葉をご存知ですか?前後関係が読み取れれば、単語の中の文字の順番や正確さは認識においてあまり重要でないというものです。

どうでしょう、正しく認識できてましたか?

思考をシンプルにしてくれる

僕たちの脳は、これから認識する概念、性質、形態がどのようなものかを無意識に予測し、その認識に基づいた解釈をします。これが「プレ・アクティベーション」です。

経験豊富なリーダーがすぐに状況を判断して素早く指示を出せるのも、事前に予測した状況に当てはめているおかげでスムーズに認識を行えるからです。

日常生活においては「プレ・アクティベーション」は僕たちの思考をとてもシンプルにしてくれます。日常のこと全てをいちいち深く考えて生きてなんていけませんよね?

「プレ・アクティベーション」は僕たちが日常生活をスムーズに行うためのフィルター的な役割を担います。

プレ・アクティベーションのデメリット

ですが、プレ・アクティベーションは時に僕らの足を引っ張ることもあります。

先程の例を思い出してください。平仮名や漢字の間違いには気がついても、「あまり」が「まあり」になってたことは気がつかなかったのではないかと思います。

このように、プレ・アクティベーションには「ありのままの現実を見えなくする」というデメリットがあります。

海外での話。5歳になる女の子が母親と墓地の横を歩いていた時のことです。女の子が墓地を見ながら、「見て、あそこに彫刻の森があるよ!きれいだね!」と言いました。

墓地が死者を埋葬する場所だという認識をしている人は、「思い思いのデザイン石が立ち並ぶ場所」というありのままの現実を見れなくなります。ましてやそこが「きれい」と表現をすることは難しいのではないでしょうか?

プレ・アクティベーションが働くと、自分の知っている範囲の中でしか物事を見ようとしません。また、何か疑問を持つ時も、あくまで自分の知っている範囲の中でも疑問になってしまい、選択肢が広がりません。

プレ・アクティベーションが働いていない人の場合

経験や知識がなくプレ・アクティベーションが働かない人は、ベテランからしたらすごく面白い動きをします。

まずはベテランが危険が危険だと知っていてやらないことや近寄らない領域にも臆さず近寄ります。何が危険かわからないので、恐怖も感じないのです。

また、「何を探せばいい」という先入観もないので、身近にある様々な可能性に目が行きます。可能性に対してオープンな態度です。

さらに、知識やルールに縛られていないからこそ出てくる「素朴な問い」を発することができます。自然で無邪気で先入観に影響されず、勝手に答えを決めつけることもなく、問題の核心をえぐり出すような問いです。

どうやって「プレ・アクティベーション」を外すか

プレ・アクティベーションを外すのはかなり難しいです。そもそも「何が見えていないか?」が見えないので、気付けないパターンがほとんどです。

だからこそ、「自分の業界以外の人」や「新規で参入してきた人」の意見をよく聞きましょう。その方たちから「素朴な問い」をもらえればこっちのもん。

「素朴な問い」に対し「ベテランの知識や経験」で答えを出せば両者のいいとこ取りをできるようになります。

ぜひ自分の殻に篭るのではなく、どんどん「素朴な問い」をもらえるような交流を深めてください。

いつも共有、ありがとう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です